IT For Business

自分で復元

自分で出来るhdd復元

Business IT

今や殆どの方はパソコンを触ったことが無いという方はいないくらい家庭や仕事に浸透しているパソコン、hddの中のデータを故障や自身の操作ミスで消えてしまった、又は消してしまったという方も多いです。hddの故障については、余計なことをすると修復不可能な程悪化させてしまうケースが多いのに対し、自分で消してしまった場合は自身で修復が可能な方法があります。一般的なファイルの削除を実行した後や論理フォーマット程度でしたら、hddの目次に当たる部分を消しているだけで、ファイル本体は残っている物なのです。ただその目次を消してしまうとファイル本体の残っている場所は、他のファイルを書き込んでも良い場所とhddは判断します。復元をするのであれば、消去後の書き込みは控えて復元に早急に取り掛かりましょう。

方法と注意するべき事

ファイル本体を救出するためには、復元用のソフトを使用します。有料・無料共にありますが機能的には当然有料の物に軍配が上がりますが、一般的な削除やクイックフォーマット程度でしたら、無料の物でも十分対応出来ます。この場合そのソフトのインストール先は、復元するファイルを上書きしてしまう可能性があるので、別のhddかまたはUSBや光学ディスクから起動出来るものを選択しましょう。ソフトの使い方や機能に関しては、それぞれ違うので、使用前に説明書をよく読むかインターネットでの使用方法を検索してから使用しましょう。また絶対に修復しないといけない、失敗は許されないなどの重要度の高いファイルに関しては、専門の信頼できる復元業者か、有料のソフトをお勧めします。